皮膚科

概要

平成31年1月より、原則予約患者さんのみの診療になります。お急ぎの患者さんには、ご希望に添えない場合がございます。ご了承ください。

●毎週月曜日の午前診療(予約制)です。

 保険診療のみで、男性型脱毛やしみ治療、爪矯正などの自由診療は行っておりません。
 週一回月曜日のみ診療のため、切除などの手術目的の患者さんにも原則対応しておりませんが、良性なのか悪性なのかといったご相談は承っております。検査・入院が必要な患者さんは岩手医科大学皮膚科にご紹介し連携して治療にあたります。

 慢性皮膚疾患でお悩みの患者さんに、丁寧な説明を行う事をモットーにしており、季節に合ったスキンケア、外用指導、入浴指導を行っております。


●診療にあたる主な皮膚疾患

 ・湿疹、蕁麻疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、手あれ、痒疹、中毒疹(薬疹など)
 ・乾癬、掌せき膿疱症
 ・虫刺され全般、疥癬
 ・老人性疣贅、日光角化症
 ・円形脱毛症(軽症)
 ・熱傷(軽症)
 ・皮膚潰瘍、褥そう
 ・紫斑病
 ・肝斑(しみ)、炎症後の色素沈着
 ・にきびや毛のう炎、とびひなどの細菌感染症
 ・うおのめ、たこ
 ・足・爪水虫
 ・帯状疱疹、口唇ヘルペス、尋常性疣贅、水いぼなどのウィルス感染症
 ・凍傷(しもやけ)
 ・膠原病に合併する皮膚病
 ・類天疱そう
 ・その他皮
疹が存在し、痛みや痒みを伴う状態の方
 ・皮膚がん相談


 皮膚はおざなりにされがちですが、最前線で外的刺激から私達を守るとても大事な臓器です。季節や年齢によって発症する疾患も異なりますので、正しいスキンケアの知識をみなさんと共有しけんこうな肌を保つお手伝いができればと思っています。

  1. 1.湿疹・皮膚炎群として
    アトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・掻爬による皮膚炎
  2. 2.蕁麻疹類としてしん
    蕁麻疹・痒疹・中毒疹・薬疹
  3. 3.皮膚掻痒症兼湿疹化
  4. 4.紅斑症として
    多形滲出性紅斑 結節性紅斑
  5. 5.虫による皮膚炎として
    疥癬、その他のダニ刺螫症、昆虫刺螫症
  6. 6.角化症として
    胼胝、鶏眼、乾癬、日光角化症など
  7. 7.膠原病として
    皮膚エリテマトーデス、皮膚筋炎、強皮症
  8. 8.尋常性ざ瘡
  9. 9.毛髪疾患として
    円形脱毛症
  10. 10.ウイルス疾患として
    単純性疱疹、帯状疱疹、水痘、伝染性軟属腫、疣贅など
  11. 11.真菌感染症として
    白癬、カンジタ症
  12. 12.細菌感染症として
    せつ、よう、汗腺膿瘍
  13. 13.色素異常症として
    肝斑(しみ)、炎症後の色素沈着、白斑

友愛病院には殆んど全科の先生がおりますので他科の先生と協力して診察しております。とくに入院は外科の先生に管理してもらっております。悪性腫瘍とくに感染症については、その対策について十分な治療を行っております。膠原病、紫斑病、血管炎なども他科の協力でみております。



このページの先頭へ