保育室でも鬼退治!

保育室

季節の変わり目に「鬼は外!」「福は内!」と、力いっぱい豆をまいて厄払いをすることで幸せを招き入れる節分。皆さん楽しい豆まきできたでしょうか?
院内保育室では、2月2日に豆まき会を行い楽しく過ごしました。
節分の行事は保育士が最も張り切って取り組んでいる行事のひとつです。
今年はどんな風にしようかとワクワクしながら色々なアイディアを出し合う中で、今年は0歳児も多いこともあり、本物の鬼の登場はなしにし、怖がることなく笑顔で豆まきの雰囲気を楽しめるようにと準備しました。
当日は、節分の絵本を見た後に自作のお面をつけて走り回っているうちに、気分も盛り上がってきた子どもたち。
大きな青いダンボール鬼の登場に喜んではしゃぐ子、何だろうと興味津々で後ろに回って見る子、さっそく(豆にみたてた)カラーボールを投げる子、それでもやっぱり何だか怖くて泣いちゃった子と反応は様々でした。
中には付けていたお面がずり落ち、目隠しになってビックリしての泣きもありました。
保育士の「鬼は外〜福は内〜」の声に合わせて、カラーボールが飛び交い、元気に鬼に投げたり、鬼に向かって笑顔でバイバイしたりするなど、怖くない楽しい豆まき会としては成功したのかなと思いました。
しかし、これで気が済まないのが保育士の性分、ちょっとだけ姿を見せても良いのではないかという意見を尊重し、一人の保育士が鬼に変身し、2歳児さんと数人の1歳児さんとでちょっとだけ触れ合う時間を作ってみました。
今度は生きている赤鬼に大騒ぎとなった子どもたち、心の中の悪い鬼退治もしっかり体験しました。
その日は皆お面を付けて可愛い鬼さんになって、意気揚々と帰って行きました。
豆まきが済むと暦の上では春、暖かい春はもうすぐですね。



このページの先頭へ