ゆうあい寄席で落語を堪能

ゆうあいの里

2月2日、古今亭菊之丞師匠、林屋たけ平さんをお迎えして通算第7回目の『ゆうあい寄席』がゆうあいの里で行われました。 
当日は、利用者、入居者、地域のみなさん、ゆうあいの街からも多数参加があり、報道各社の取材も多く、千客万来の一日でした。
たけ平さんは、真打ちを目指しているだけあって、元気で迫力のある話芸を披露。
一方菊之丞師匠は、表情豊かに古典落語を2席披露していただきました。
会場からは時間を惜しむかのように大きな拍手が鳴りやみませんでした。



このページの先頭へ