クリスマス会

12月18日(火)に恒例のクリスマス会を開催しました。

会の前半は都南サークルたろっこの会の方々に琴伝流 大正琴で「きよしこの夜」「ふるさと」などを、チェロとピアノのデュオ、プティ・セナクルのお二人には「G線上のアリア」「星に願いを」などクリスマスソングや童謡をしっとりと演奏していただきました。

後半は食養課職員による合奏と合唱。普段は入院患者さんの食事を作っている調理師と管理栄養士が、ギターと打楽器のカホンを演奏して「クリスマス・イヴ」を朗らかに歌いました。
そして、今回初出演となる岩手ストリートパフォーマンスクラブ(岩手大学の学生を中心に活動)の方々が「クラブ」「シガーボックス」などの演技を元気に披露してくださり、その妙技に歓声が上がっていました。

患者さんには静かな雰囲気と明るい雰囲気の2通りのクリスマスを一度に楽しんでいただけたと思います。

★クリスマス会プログラム★

1.開会の言葉

2.事務局長あいさつ

3.演目
(1)琴伝流 大正琴演奏 / たろっこの会
 「きよしこの夜」「カチューシャ」「会津磐梯山」「ふるさと」

(2)チェロ・ピアノ演奏 / プティ・セナクル
 「G線上のアリア」「赤いサラファン」「私のお気に入り」「星に願いを」「リベルタンゴ」「Night of silence」

(3)合唱・合奏 / 食養課
 「クリスマス・イヴ」

(4)ストリートパフォーマンス / 岩手ストリートパフォーマンスクラブ
 「ボール」「デビルスティック」「シガーボックス」「クラブ」

4.閉会の言葉




このページの先頭へ