「友愛・絆の会ボランティア活動」

友愛・絆の会事務局 佐々木 信子

師長職を経て退職された方の人数も年々増えてきました。
初代看護部長の五日市ようさんより、「師長OG相互の親睦を図り、盛岡友愛病院と看護部の発展に寄与することを目的に、師長OG会を発足させたい」とご提案がありました。
そこで平成23年度に立ち上げ、年1回の総会と親睦会を行っています。その中で、ボランティア活動について話題になり、昨年12月から「タオル帽子作り」を行ってきました。
1月11日の贈呈式で55枚寄贈することができましたので、外来・入院患者さんなどにご活用頂ければ幸いです。

〜「友愛・絆の会」の名称の由来 〜

師長OG会を立ち上げるにあたり、発起人会議を開催した平成23年12月16日は、未曽有の被害を受けた東日本大震災の年でした。
大震災の年を忘れず、友愛会の医療・福祉の充実と発展を願い、退職後も心の「絆」を絶やさず微力ながら寄与することを目的としてこの名称にしました。      











このページの先頭へ