院内看護研究発表会開催

看護部教育委員会 委員長 畠山 悦子

去る11月22日(木)第13回院内看護研究発表会を開催しました。
当日は、院外から看護学校教員、看護学生の参加者6名を含め、141名の参加者となりました。
日々、忙しい業務と並行しながら研究に取り組み、各部署から9題の演題が出されました。
今年度は、岩手県立大学看護学部工藤真由美准教授による「看護研究」の院内研修を2回実施し、基本的な考え方、進め方、部署毎でテーマに沿ったまとめ方のご指導をいただきました。
研究発表では、どの部署も研修の成果が伺える充実した研究内容だったと思いました。今後は岩手県看護学会への選出など、さらにレベルアップしていけたらと考えています。



このページの先頭へ