師長就任挨拶

外来師長 外舘 和佳子

この度、師長という大変責任のある立場として、辞令を頂き、毎日緊張しながら業務に就いているのが現状です。 現在、外来での勤務の中、自己の立場をしっかり見直し、上司やスタッフとともに成長して行けるよう努力しています。
外来は病院の顔と呼ばれています。
また、看護とは他人のために判断し、様々な形で行為しなければならない職業だということを念頭におき、私の中で忘れてはならない事として、第3者の情報の知覚と自分に問われていることの判断。チームづくり。出会い形成。話す。話し相手のニードに応じた聞き方だったか。相手を尊重し共感できたか。等、とても難しい事ではありますが、患者・家族が何を期待しているのか、上司が何を期待しているのかを自分なりに理解して教育、管理をしていかなければならないと思っております。
また、4月の診療報酬の改定とともに病棟編成に向けて、知識を深め他部署の方々との連携を図りながら、情報の知覚をし、自分に問われている事の判断をし、自分の経験を想起しながら自問自答をし、自分の意志を表現出きるよう、皆様に支えられながら頑張っていこうと思っています。



このページの先頭へ