新規人工呼吸器について

臨床工学科 熊谷 孝行

当院では、5月にドレーゲル社エビタXL6台を新規に導入いたしました。
現在当院で使用している人工呼吸器(レスピレーター)は、マッケ社サーボi 8台、サーボS 4台、エビタXL 6台の計16台です。
エビタXLはドレーゲル社の最上位機種として、最先端の人工呼吸技術を持つ機器です。
当院のXL1台に、オプションとして『スマートケア』というレスピレーターからの離脱をスムーズに行うための機能を追加してあります。
今後、日本光電の方からのサポートを受けながら、保守・管理をしていきます。



このページの先頭へ