先輩看護師の声





 現在私は、障がい者病棟で勤務しています。
 新卒で入社し、社会人として、看護師として学ぶことが多い毎日です。
 患者さんに対して統一した看護を提供するためには、スタッフ間の連携が大切であると実感し、毎日努めています。
 不安なことをそのままにせず、先輩方にご指導いただける環境で、毎日吸収して一人前の看護師になれるよう努めていきたいと思います。






 盛岡友愛病院に今年就職し、障がい者病棟で勤務しています。
 日々の勤務の中で、先輩方から指導のサポートをしていただき、自分の知識を少しずつではありますが深められています。
 自分のできることを増やし、チームの一員として患者さんと接していけるよう頑張りたいと思います。






 社会人、子育てを経験してから看護師を志し、盛岡友愛病院に来て3年目になります。
 まだまだ学ぶことが多い毎日ですが、先輩に恵まれ学びやすい環境のもと、忙しくても充実した日々を送っています。
 回復期リハビリテーション病棟では、多職種との連携が大切です。患者さんや患者さんのご家族を中心に多職種が協働し、その人らしさを大切にした看護、退院に向けての援助ができるよう努力しています。







 外科・整形外科病棟で勤務しており、覚えることが多く毎日忙しいですが、学んだ知識・技術は振り返りをして、次回以降の業務で自信をもって行えるよう心がけています。

 まだまだ分からないこともありますが、先輩方が丁寧に指導してくれるので、これからも更に勉強を重ね、必要とされる看護師になっていきたいと思います。









 盛岡友愛病院に勤務して4年目になります。
 私は入社してから現在まで、内科の急性期病棟に勤務をしています。
 入退院が多く、日々忙しい業務の中で様々な患者さんと接したくさんの事を学ぶことができています。今年度から初めてプリセプターとして新人看護師さんに教える立場となりました。
 自分が入職した頃の不安な気持ちや先輩方に教えていただいた事を思い出し、新人さんの良きパートナーとして自分自身も成長できるよう努めていきたいです。



 



このページの先頭へ